マヌカハニーと口内炎

マヌカハニー



マヌカハニーと口内炎

蜂蜜の殺菌作用は古くから言われているもので、多くの方が民間療法などで蜂蜜の効果をご存知かと思います。その中の1つが口内炎に対する作用とされています。口内炎に蜂蜜を塗ることで口内炎の治りを早くするというのは、古くから利用されている民間療法の1つでもあります。

しかし、一般の蜂蜜では体内に入った時点で殺菌作用は薄れてしまいますから、口内炎の治療に効果があるとは言いがたいものであるようです。そこで、体内でも作用する殺菌効果を持つマヌカハニーです。マヌカハニーには、殺菌効果のほか、粘膜や皮膚の傷を治りやすくする作用があるそうで、これが口内炎に効果を発揮して口内炎の治りを早めるとされています。

口内炎ができると満足に食事をする事も出来ませんから、マヌカハニーを使って口内炎の早期治療をしてみるといいかもしれません。また、傷などにも効果があると言われていますから、軽い擦り傷や切り傷などにも使ってみるといいでしょう。そのまま塗るのもいいですが、ガーゼなどに塗ってから患部に当てるなどする事で、べた付かずに利用できるようです。

蜂蜜を使った民間療法は眉唾物と思っていた方も、ぜひマヌカハニーを一度試してみてください。




sponsored link

sponsored link